So-net無料ブログ作成

アニメとはいえ、年下なんだけどな…… [日常]


一応今回思ったことをちょろっとかいときますので、よろしければ。


一番の救いは、スザクが泣いてくれたこと。

ネリ様が捕虜解放に動いたシーンは、見てる最中では「何も知らないで!!やめてよ!!」って思ってしまうんですが、でもこのように人々の感情が動くことこそ、ルルーシュの望んだもので、そのために殺されたわけで。
スザクとルルーシュの最後の会話では、聞き入ってしまってうるっとも来なかったのですが、最後で、ゼロコールの中でのナナリーの叫びでもうぽろぽろと……。

ネリ様たちがルルーシュたちの真意に気づかないままなのは(ルルスキーとしては)悔しいですが、
スザクとかナナリとかカレンとかかぐやちゃんとかロイドさんとかセシルさんとかとか、真意を知っていてなお生きている人達が、なんとなく、そのルルーシュの思いをちゃんと汲み取って、大切に未来を生きているんだろうなと考えると、とても救われます。まぁ、ちょっと(希望)って感じですが///

まぁ、いろいろと、その後が不明な主要キャラはいて、30分の限界を感じずには居られませんでしたが、
それでも、あの最後はまぁ、納得でしょうね。

そもそもこの自己犠牲エンドとも呼べるだろう終わり方は、結構多くの創作サイトさんで見かけてましたし、
そうなってくれればこちらも(ある意味)すっきり見終われるかなと思ってたので、ルルが死んでしまうことに関しては驚きはなかった。
でも、その演出というか、スザクがゼロになってなおかつルルを殺すという展開だったり、ルルの最後の言葉だったり(これは福山さんの演技に因るところも大きい)、ナナリーの絶叫だったりで、もうぶわっとくる。
みせ方の違いでここまで人は感動できるのかと頭の隅のほうで思ってました。

一番の反則は、予想以上に死にゆくルルが幸せそうだったこと。
そこにあのスザの涙。
ナナリの叫び。
満足そうな死に顔。

むり、もう むりぃ  !!!

助けてあげたくてってもの相当やばいですが、そんな感情によって二次創作読み漁ったりしてたのかなと、思ったりします。
本編は容赦なく進むからさ。もどかしさとかがこのちょっと依存入った感じのまれに見るはまりっぷりにつながってるんだと思うけど。


ほんと、


あいしてる。
ルルーシュ 私 愛してるからね!!!
作中でも3次元でだって、あいされてるんだよ!!!!!!


伝えたいというものおかしな話ですがね。



しかも、この終りがもう、イタチとサスケのあの話(コミックス43巻)とおんなじだな。
スザが承知の上で殺してるところとかが、その後のスザとサスケの感情の動きを真逆のものにしてるんだと思うわけですが。
残されたほうは悲しいよねこれは。
うん、でも、がんばれスザク。

みんながんばれ、
無駄にしちゃいけないよ、
そんなん、許さないから、


それで、この記事のタイトルなんですが、
結局こういう死亡エンド見ると、思うんですよね。
リアルじゃありえないことだけど、やっぱりこんな若者にこの決断をさせたのとか、そもそもそういう行動を起こさせたのだとかは結局世界の罪だと思うんです。
10代が一応子供というくくりにして、つまりルルもスザクもユフィもカレンもジノもナナリもニーナもみんな。
平和な世に生まれていたら、繋がりさえなかっただろうけど、それでも、もし同様の関係が築かれたとしてももっと平和的な解決ができただろうにと。だーれも死なずに、傷つかずに、平和になったねよかったねって笑えて終われる気がする。

そんなIFは語るだけ無意味ですが。


なんか結構語っちゃってますね。すみません。
これらはすべて私個人の考えですから、こんな偏った見方ないわとか思われたからもいるかも。
気分わるくされたらすみません。

あー、なんか、ブログの更新頻度が激落ちしそうだ…。


では、R2の途中から突然始めた感想記事もこれで終わりとうことで。
お付き合いいただきまして、どうもありがとうございました。





おやすみるるーしゅ
おつかれさまるるーしゅ

あなたのしは いっぺんたりとも むだになんてならないよ

あんしんしていてください



なんどでもいうよ


あいしてる、 ル ル ー シ ュ   ! ! !


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。